オーガニック・ベジタリアン&ビーガンも楽しめる!自然派インド料理 ナタラジ

MENU-ALL5  ▼ ナン、ライス、ブレッド類

ナン類

普通のレストランだとベーキングパウダーなどで短時間で作るのが、ナタラジでは天然酵母を使うため、発酵に時間をかけてゆっくりと熟成させ、季節により発酵の度合いの変化などに細心の注意を払って作りあげています。

ナン

ナン

国産小麦を使い、天然酵母でじっくり時間をかけて発酵させた、炭火焼きナン。
ナタラジのナンは、カレー好きの方からネットで一番美味しいナンに選ばれました。

セサミナン(ごま入り)

セサミナン(ごま入り)

香ばしいごまがナンにピッタリ。白ごまと黒ごまを一面にまぶし炭火で芳ばしく焼き上げたナン。ごま好きの方には特におすすめのビタミン、ミネラルたっぷりのヘルシーナンです!

国産の小麦使用
そしてもう一つ、大事なのが粉。グルテン含有量の高い外国の粉を使うと安価で、発酵も簡単なのですが、そういう粉を使うと食べたあとにどうしてもお腹が重たく冷たくなってしまいます。ナタラジでは口当たりの良さだけでなく食後に体感する心地よさも大事にしているので、ポストハーベストの心配のない国産小麦を使用し、天然酵母で発酵させた美味しく、しかもからだに優しいナンを作っています。

ガーリックナン(ガーリック入り)

ガーリックナン(ガーリック入り)

天然酵母ナンの生地をベースに、ガーリック、万能ねぎをトッピングしてスペシャル香辛料を加えました。パワー抜群♪

小松菜ビーガンナン(卵、牛乳なし)

小松菜ビーガンナン(卵、牛乳なし)

小松菜を練り込んだオリジナルのナン。卵、牛乳なしのヘルシーなビーガンナン。
国産小麦、天然酵母、炭火焼き。

タンドール釜の炭火焼
もう一つのこだわりは炭火焼。同じ生地をパンを焼くコンベクションオーブンと炭火を入れたタンドール釜で焼いてみるとはっきりとわかりますが、コンベクションオーブンで焼いた方はナンというより、普通のパンになってしまいます。スーパーなどで売っているナンは、大量生産のためオーブンなどを使っています。やはり、ナンを焼くなら遠赤効果のある炭火を使い、タンドール釜で焼いたほうが断然おいしいです!

モツァレラチーズナン

モツァレラチーズナン

トロリとろけるアツアツのチーズが、全てをやさしく包み込んでくれます。リピーター続出の一品。

ライス

5色健康法でも言われているように、1日のうちに5つの色の食べ物を摂ることは、健康の維持にとてもいいことと言われています。

ターメリックライス

ターメリックライス

お米をターメリック(ウコン粉末)で炊き込んだライス。辛いカレーによくマッチして、ウコンの栄養を摂取できます。

玄米(有機無農薬米)

玄米(有機無農薬米)

国内産有機・無農薬玄米を使用。
米を食べておくと、体調がよくなったり、スタミナのもちが違うのがよくわかります。カレーともよく合います。

全粒粉ブレッド

ロティはインド人の大好きなブレッドです。ナンと違うところは、ナンが強力粉、中力粉を使うのに対し、ロティは全粒粉を使い発酵させず、ただ水と混ぜただけの生地を使うこと。
ナンのようにふんわりとはしていませんが、噛むと小麦の風味や旨みが感じられるブレッドです。

パラタは、ロティの生地を大きく伸ばし、ほんのり香辛料とオイルをまぶしては折り返し、また伸ばしてはオイルを付けて折り返し、これを数回やってから丸く伸ばし、タンドール釜の壁に貼って焼きます。
するとパイのように何層にも重なった生地の中にスパイスが入った何とも食欲をそそる香ばしいブレッドが出来上がります。
オイルが入っていて時間が経っても固くならないので、インドではピクニックやお弁当にはパラタを持って行きます。

ロティ(炭火焼き)

ロティ(炭火焼き)

チャパティの生地を伸ばし、炭火で焼いたもの ※乳製品なしもできます。

パラタ(炭火焼き)

パラタ(炭火焼き)

チャパティの生地にギー、スパイスを織り込み重ね焼きしたもの ※乳製品なしもできます。

◆栄養について
全粒粉を使っているので精白された小麦にはないビタミンやミネラルも含まれ、また食物繊維がお腹のお掃除とお通じを良くするので、腸に毒素が溜まりにくく、腸の汚れから来るガンや成人病を避けるにはオススメの主食です。
ビーガン(完全菜食)のブレッドです。

メティパラタ(炭火焼き)

血液をきれいにすると言われるメティの葉を織り込んだパラタ ※乳製品なしもできます。

チャパティ

全粒粉に近い“アタ”と塩と水だけで焼いた素朴な味わい ※チャパティは、混雑時には対応できませんのでご了承ください。

↑ PAGE TOP